News Business 高松空港の国際線全復活:上海便再開セレモニー
0
上海

Published :

高松空港の国際線全復活:上海便再開セレモニー

高松空港と中国の上海を結ぶ定期便が2日、運航を再開しました。これで運休していた高松空港の国際線がこれで全て復活しました。

上海便再開セレモニー

午前11時40分ごろ、中国の上海からの定期便が高松空港に到着しました。春秋航空が運航する上海線は2023年9月に約3年7カ月ぶりに再開しましたが、「事業計画の変更」を理由に約2週間で運休していました。

2日の便は、中国での連休を利用した個人の旅行客が多く、186席のうち178人が利用し、搭乗率は95%でした。

旅行客の声

「今回は小豆島と直島をメインに日本文化とアートを見学します」と上海からの旅行客。

「日本の桜を見ることをメインにやって来て、楽しみにしています」と初来日の旅行客。

記念セレモニー

高松空港では記念セレモニーが行われ、春秋航空の日本支社長らがくす玉を割って、運航の再開と香川県と上海との交流を願いました。

「上海と香川県の、人と人の心をつなぎます。経済と文化交流などいろいろな方面に力を入れて(利用を)促進します」と春秋航空 日本市場開発部の孫振誠部長。

「これから国際線がますます増えていくとなると、ビルも手狭になっているので空港の受け入れ環境の整備を加速していきたい」と高松空港の小幡義樹社長。

運航スケジュール

再開した上海線の運航は週3往復で、6月23日からは1往復増便します。これで、高松空港の4つの国際線は全て復活しました。

高松―上海線の運休期間が1カ月延長され、2024年1月末まで運航されます。

  • Reactions

    0
    0
    0
    0
    0
    0

    Your email address will not be published. Required fields are marked *