News Default TSMC 米国アリゾナ工場、年内にも稼働か
0
台湾

Published :

TSMC 米国アリゾナ工場、年内にも稼働か

台湾積体電路製造(TSMC)は、米国アリゾナ州で海外初の4ナノメートル製造プロセスを採用する12インチウエハー工場(Fab21)で、4月中旬に試験生産を開始し、年末にも量産を開始できる見通しです。

試験生産のスタート

業界のうわさによると、TSMCはアリゾナ州で新たな製造プロセスを導入する工場で、4月中旬に試験生産を開始する予定です。この工場は海外初の4ナノメートル製造プロセスを採用しており、注目されています。

量産への展望

劉徳音(マーク・リュウ)董事長は昨年7月時点で、量産開始は2025年上半期(1~6月)に延期すると語っていましたが、早まる可能性が出てきたと報じられています。

アリゾナ工場の特徴

TSMCのアリゾナ工場は、第1期は4ナノで生産し、第2期で3ナノを採用する計画です。投資額は400億米ドルの予定で、米国政府から50億ドルの補助金を獲得できる見込みです。

期待される顧客

アリゾナ工場は、米アップルやエヌビディア、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)、クアルコムなどが発注すると予想されています。

まとめ

TSMCはアリゾナ工場の進捗について計画通りであるとコメントしており、今後の動向が注目されています。

  • Reactions

    0
    0
    0
    0
    0
    0

    Your email address will not be published. Required fields are marked *