News Sports 元レッドソックスCEOラリー・ルキーノ氏が逝去 | MLBニュース
0
ボストン・レッドソックス

Published :

元レッドソックスCEOラリー・ルキーノ氏が逝去

日刊スポーツ | 2024年4月3日

悼む野球界の巨星

元レッドソックスCEOであるラリー・ルキーノ氏が、78歳でこの世を去りました。彼は長い間がんと闘病していたとのことです。

偉大な遺産

ラリー・ルキーノ氏は、オリオールズとパドレスで球団社長やCEOを務めた後、2002年にジョン・ヘンリー氏らの投資グループがレッドソックスのオーナーとなった際に球団CEOに就任しました。彼は2004年に球団を86年ぶりのワールドシリーズ制覇に導き、その後も2007年と2013年にワールドシリーズ制覇を果たしました。松坂大輔、岡島秀樹、上原浩治、田沢純一などが活躍した瞬間も彼の指導の下で実現しました。

ヘンリー球団オーナーの言葉

ヘンリー球団オーナーは追悼の声明で次のように述べています。「彼が残した最も大きな遺産は、恐らく、レッドソックスに優れた素晴らしい人々を集める尽力をしてくれたことです。その人々が今の球団の礎を築いてくれました。14年間、彼が私のそばにいてくれたことは幸運でした」。

  • Reactions

    0
    0
    0
    0
    0
    0

    Your email address will not be published. Required fields are marked *